秋山玉山旧宅跡 あきやまぎょくざん

大分市中鶴崎2丁目6-26
秋山玉山は元禄15年(1702)に生まれ、医者だったが学者を志して幕府の学校昌平覺に入学のち、熊本藩細川宗孝より学問指南方 を命ぜられ教育に尽力しました。

学校の必要を唱えて運動を起こし、藩主細川重賢のとき藩校「時習館」を建設。
玉山はその学校の教育運営に当たり大きな功績を残しました。