鶴崎大神宮 つるさきだいじんぐう

大分市東鶴崎1丁目1−16
祭 神:
天照坐大御神(あまてらすおおみかみ)…伊勢神宮内宮(皇大神宮)
豊受大御神(とようけおおみかみ)…伊勢神宮外宮(豊受大神宮)
大地主大神
由 来:伊勢神宮の遥拝所として明治政府と伊勢神宮により造営されました。周辺の土地より鎮座地は高く、昔は亀丘と呼ばれていました。
芭蕉の句碑:   「此松の実生せし代や神の秋」翁の没後200年を記念して明治17年(1884)に建てられました。
忠魂碑:東郷平八郎の書になる忠魂碑が昭和三年に建てられ毎年5月10日に慰霊祭がとり行われています。
春季例大祭:5月11・12日
秋季例大祭:10月23・24日に奉賀されています。