出水神社 いずみじんじゃ

大分市大字鶴崎354
由 来:熊本出水神社の御分霊を明治15年(1882)年にお祀りし創建されました。初代、細川藤孝,2代忠興,忠興夫人の玉子(ガラシャ)、3代忠利、8代重賢他、細川歴代藩主の分霊がまつられています。また町内にあつた秋葉社、亀岡社、金比羅社、住吉社も合祀されています。現在の社殿は鶴崎公園の北側にあったものを昭和37年に移築したしたものです。

祭神: 事代主神(ことしろぬしのかみ)外七柱